ROLEX今年の新作モデルをサブマリーナと予想、そして買いで間違いない理由

最終更新: 2020年8月12日

誰も当日まで分からない情報

去年もサブマリーナと予想して、ROLEXが発表前に出した映像で、盤面はダイバーズ「サブマリーナきたか!」だけどよく見たらヨットマスターのホワイトゴールドのラバーだった事、そしてまさかのGMT2の126710BLROのジュビリーから1年・・・バットマンBLNRもジュビリーになると2連続で来ると誰も思わなかった事、シードもコンビが出た事、今年こそは10年の節目であるサブマリーナで頼みます。

2020年でサブマリーナはモデルチェンジしてなく丁度10年の節目になる今、もう出るんじゃないかと予想

2010年のバーゼルワールドで発表された新型サブマリーナデイト116610LNはツヤのあるセラクロムが採用され、重厚さな質感が増し話題を呼び目盛はプラチナでコーティングされ、高級感・耐傷性などの向上、インデックスのマーカーは大型化されグライドロッククラスプが採用されたりと、不動の人気を誇るサブマリーナ人気をさらに押し上げる形となった。

間も無くROLEXが新作を発表する時期なのは間違いない

今年バーゼルワールドが中止になり各ブランドの新作発表のタイミングが困難な時期に差し掛かり、情報の正確性と収拾のスピードが求められている昨今、パテックフィリップ、オーデマピゲ等の舶来ブランドの新作情報は続々と出されている中で、


ROLEXだけは沈黙をまだ貫いている。ほぼ9月に新作発表がされると言う情報は間違いないだろう。

発売されて今現在が最高値になっている理由

今現在、現行サブマリーナ116610LNが過去最高の高値148万台の推移をしている。

その第一の理由としては商品の需給が困難である事。まだまだ価格が上がるとサブマリーナ116610LNがこの金額でも購入できなくなるのかもしれない為に買いに走っている人がいるのかもしれない。

もし9月にサブマリーナの新作が発表されて起こりうる事

不動の人気であるモデルの新作が発表されたとなると、現行サブの生産が終了しマイナーチェンジによる価格アップが間違いなく起こるであろう。今の148万台での購入はほぼ不可能になり、年内にかけて160〜170万台になると予想する。

ちなみにハルクも10年の節目である事もお忘れなく

通称ハルクと呼ばれている116610LVも10年の節目ですのでお忘れなく、同じくROLEXカラーの極みである高貴なグリーンと不動の人気サブマリーナ。この価格推移も要チェックです。