ROLEXバイヤーシンガポール編

シンガポール編・私が以前にROLEXのバイヤーをしていた時の話をしていきます。

デイトナマラソンとはよく言いますが私は海外に行きデイトナツアーをやっていました。今は時計屋ですのでツアーは出来なくなった、と言うかしてはいけない立場ですので暖かい目でコチラを読んでもらえましたら幸いです。


バイヤーの時はひた隠しにしてた闇をこれから少しずつ暴露していきます。


っということで今回はシンガポール編です。


東京よりも小さい国シンガポール

2年程前の丁度今頃、日本は8月で真夏の真っ最中、私は数人のバイヤーと共にシンガポールに向かった。飛行機で約8時間、時差マイナス1時間。シンガポールの人口は約550万人、東京で約1000万人。気候は日本の夏の終わりくらいの気候で湿気はあまりなく丁度良い感じです。


まずはロードマップでROLEX店舗の下調べ

前回の記事(私がROLEXバイヤーだった)でも説明をしたのだが、東京はマラソンエリアは銀座・日本橋エリアで6店舗だったことに対してシンガポールでは同じ縮図サイズで14店舗である。下調べは済んでいるのでまずはホテルへ。


マリーナベイサンズへ宿泊、後に説明をするがこれにも理由がある

やはりマリーナベイサンズともなると高級車がズラリと並んでいた。我々は到着が夕方だったのでホテルにチェックインをして街を観光がてら調査、もちろん狙いの時計はまだ決まっていない。とりあえずオーチャードの方へ向かうことにした。


オーチャードエリアの表参道クラスで8店舗存在

見えますかあそこに小さくROLEXの看板が。とりあえず中に入って見ることにした。中ではもちろん撮影禁止、結果だけ話します・・・あります。簡単にありました。日本では難しい品がズラリといましたね。明日買いに来ると話をして、他の店舗も周り好調のスタートを切った。


夜はマリーナベイサンズの屋上で

何故にマリーナベイサンズだったのかと言うと、日本では無いカジノがあるからだ、バイヤーの楽しみの一つはこのホテルでゆっくりする事とカジノ。これに尽きる。



これを見よ!このスポーツモデルの山